クリスマス一過


今朝の街の風景は昨日までと一変しておりました。
昨晩まであったクリスマスツリーが一夜で無くなっていたのです。
素早い。

それでも100%の撤収までは無理があるようで
イルミネーションを外したもみの木が残っていたり
巨大ツリーの土台となっていた鉄骨(鉢)が
残っていたりしました。

イルミネーションがはなびやかであればあるほど、
イルミネーションを外した姿は寒々としており
悲壮感さえ感じられてしまいます。

夕方にはクリスマスツリーの存在は消え失せ
門松の姿が出現いたしました。

素早いと感じるか、せっかちと感じるかは
人それぞれでしょうね。

はは、
一日位時間の空白があってもいいのではと感じた一瞬です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。