麒麟


ちょっとした疑問、麒麟って何だ。

日本ではビールのコマーシャルイメージキャラクター。
ビール瓶に貼られたラベルの中の妙な生き物の正体は?

ネットで調べてみると
古代中国の想像上の神聖な幻の動物であり
全身は鱗に覆われていて
姿は鹿、
額は狼で角が一本、
蹄は馬、
尻尾は牛、
全身は黄色、
腹部は五色
聖人が天子の位につくと現れる。
麒はオス、麟はメスとされているが、逆という説もある。

普段の性質は非常に穏やかで優しく、
虫や植物を踏むことさえしないほど殺生を嫌う。

普段は現れないというところが、いかにも伝説上の動物らしい。
この動物の具体化が、あのビールのラベルのキャラクターなのか。
分かってみると、ビールのイメージと合致するかは疑問ですが
伝説に残る至高の飲み物となるように名付けられたのかな。

はは、
麒麟というと動物園のキリンが頭に浮かんでしまいますよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。