雨脚


雨脚とは雨の通り過ぎてゆくさま。

今朝、家の玄関を出た時に、冷たい物を感じて目を凝らして見ると霧雨のような雨が。
傘を取りに戻るのが面倒なのでそのま駅に向かう。

乾いていた路面が駅に着く頃にはしっかり濡れて光り始めていました。
車窓から見ていると雨脚が強くなり本降りに。

はは、
冷たい雨の一日でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。