御用聞き


「御用聞き」と言う言葉も死語になりつつあるようだ。

漫画サザエさんの中で、みかわ屋さんの御用聞き
サブちゃんの登場するシーンが多いように、
昭和の時代には普通のサービスだったのですが。

そう言えばみかわ屋さんは酒屋。
当時はお醤油を買うにも一升瓶の時代。
女性や子供では気安く下げて帰れるものではなかったのです。
だから御用聞き。
お米屋さんの御用聞きもありました。

御用聞きがくる家には通い帳があってつけで買い、
給料が出ると一月分をまとめて支払ったものです。

お醤油の瓶がペットボトルにかわり、
酒屋さんやお米屋さんがコンビニストアーに姿を変えて
通い帳がカードに変わっていった。

はは、
便利にはなりましたが、大事な何かを失ってしまった気がします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。