看板


私がコ子供の頃の「看板屋」さんのイメージはというと、
銭湯の湯船の上に大きな風景画をペンキで描くのが
一番のお仕事だと思ってました。

映画館で封切られる映画の予告を描いたりもしてた。
だから同じ映画でも看板毎に絵が違ってたのですよ。
お店の看板や、立て看板も手書きでしたよ。

だから看板屋さんは
絵が上手くて、字も上手くないとできないお仕事でした。

今は
看板絵や文字をシートからカッティングして作る時代になってます。
映画の予告は印刷したシートを看板に貼っているだけですし、
巨大なスクリーンに動画で映し出される時代になってしまいました。

筆とペンキでできたことが、なんと大掛かりなことに

はは、
職人さんも時代が変わってさぞかし戸惑っていることでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。